おすすめ投稿

税金の関係

マンションを売却した時に、利益が出ればその利益に対して当然ですが税金がかかります。
しかし、せっかく不動産が売却できて利益が少し出ても、その利益がすべて税金で持っていかれたのではショックなもの。

決して安くはない買い物のマンションですから、税金についてもある程度の知識は持っていたほうが良いでしょう。
マンションを査定する段階では、当然ですがまだ税金はかかりません。

査定をしてローンを完済して少し利益が残りそうだということが分かっても、その時点でも税金はまだかかりません。
実際に税金がかかるのは、その物件を実際に売却して、実際に利益が出た時。

しかし、国ではいろいろな条件によっていくつかの税金軽減措置もとられています。
まず、3000万円控除という特別控除が適用されます。

これは、不動産売却で得た利益に対して税金が控除されるという特別な控除なのですが、売却で得た利益が3000万円よりも少なかった場合には、税金はゼロ。
3000万円よりも多かった場合には、利益から3000万円を引いた分がもらえることになります。

ただし、この3000万円特別控除が適用されるのは、そのマンションに住まなくなってから3年以内に売却しなければいけないというルールがあります。
ずっと賃貸に出していたような場合には、そこで生活しなくなってから3年以内の枠に入らないことも多く、この控除は適用外になることも少なくありません。

書類

また、マンション売却によって得た利益は次の不動産購入ですべて使うから、最終的に手元に残る利益はない、という場合には、買い替え特例という税金控除が適用されます。
この場合には、不動産売却で買い替えの不動産を購入し、それでも利益が余った場合には利益分に対して税金がかかりますから注意しましょう。
そしてその次は書類を用意しましょう。

次に読むサイト
事前に用意して円滑な売却を!マンション査定に必要な書類

中古マンションを探して

中古マンションを探して
マイホームが欲しい、と思いついてからは物件情報が気になって仕方なくなります。
今はインターネットの不動産情報が情報量も多く早いですよね。
狙っているのは立地の良い中古マンションです。
その中でも新築価格からかなり値下がりしているものもあり、一番お買い得感が感じられるのが築10年程度の物件ですね。
いつかまた売るのであれば、中古物件というのは良い選択だと住宅関連の仕事をしている友人に教えて貰ったのも一つの理由です。
一応新築情報にも目を通していますが、やはり新築は割高に感じます。
毎日仕事から帰って一息ついたら毎晩のように不動産サイトをチェックします。
物件数が多いのはやはり3月など年度の区切りの良い時期ですが、その他の時期でもコンスタントに中古の売り物件は出てきます。
これはと思う物件には見学に行きます。
多くは居住中のため、前の住人の生活感がどうしても垣間見えてしまうのですが、それがまた現実味があり良いですね。
例えば収納が足りない家なのだろうとか、ゆったり暮らせそうだとか、実際住んだ時のイメージが湧きます。

新駅できると固定資産税が上がる

新駅できると固定資産税が上がる
山手線の品川と田町の間に新駅ができますが、もうすでに土地の値段が上がり始めていて、駅が完成するまではまだしばらく値上がりが続きます。
新駅の予定地周辺に元々住んでいる住人にとっては、交通の便がよくなるし土地の値段が上がって資産価値も上がるので、いいことばかりのように思えますが、いいことだらけではないようです。
新駅の建設予定地の近くで住み続けているお年寄りがテレビでインタビューを受けていたのですが、新駅ができるのは嬉しいけれど固定資産税が上がって困ると漏らしていました。
地価が上昇すると固定資産税が上がりますが、ずっと上昇を続けると固定資産税もどれくらい上がるのかわかりません。
最低でも数万円は固定資産税が増えると思われます。
収入が多い人であれば増えてもどうってことはないでしょうが、年金暮らしで年金が少ない人や収入が少ない人にとっては痛手です。
新駅ができて嬉しい人はかなり多いですが、周辺に住んでいる住人にとっては新駅ができてちょっと複雑な人もいます。

住む物件は道路との距離によって騒音が決まる

住む物件は道路との距離によって騒音が決まる
 アパートやマンションなどの賃貸物件、または一軒家を建てるときなどに必ず気にしておかなければならないのは、どれだけ道路から離れているか?ということです。
都会では道路に隣接していない物件を探すほうが難しいのかもしれませんが、大きな道路に隣接していればいるほど、騒音には悩まされやすいということを覚えておかなければなりません。
 たとえば、幹線道路沿いにある物件ならば、ひっきりなしに間違いなく自動車の通る音が聞こえるはずです。
自動車のドライバーは、幹線道路沿いに家が建っているからといって速度をゆるめて静かに運転するということはほぼありませんので、自動車による騒音というのは住むときすでに承諾されているということで、住んでから文句を言ってもどうにならないのです。
 また、幹線道路ではない道でも道のそばの物件ならば、夜中でも歩く人の声が聞こえたりします。
車の騒音に比べればマシですが、気になる人もいるでしょうから注意が必要です。
 このように、住む物件は道路との距離によって騒音が決まると考えておくべきです。

自分の家の安心できる部分の紹介

自分の家の安心できる部分の紹介
家があることは以外にも大きなステータスです。
私は生まれた時から家族の家で生活をしています。
これは一般的に見ても当たり前のようですが、実際には極めて幸福なことなのです。
自分は家の中で安心できる場所がいくつもあります。
また、昔から住んでいる古い家なので嫌いな部分もないです。
個人的に落ち着くのはトイレや風呂場といった場所です。
特に家のトイレは風が入ってくるので気分も良くなります。
私は考えたい時にトイレにこもるなどの方法を使っています。
過去の経験を考えても、家は非常に安心できて疲れがなくなる空間です。
仕事で疲れたとしても家にいれば精神の安定にもなります。
私はこういった昔らしい家が非常に好きなので、将来的にも維持していく考えです。
現代はマンションやアパートなどに住むことが一般的なようです。
しかし、自分の家というものは一生大事にできる存在です。
また、こういった自宅は子孫などに残していける部分が魅力的だと考えています。