おすすめ投稿

税金の関係

マンションを売却した時に、利益が出ればその利益に対して当然ですが税金がかかります。
しかし、せっかく不動産が売却できて利益が少し出ても、その利益がすべて税金で持っていかれたのではショックなもの。

決して安くはない買い物のマンションですから、税金についてもある程度の知識は持っていたほうが良いでしょう。
マンションを査定する段階では、当然ですがまだ税金はかかりません。

査定をしてローンを完済して少し利益が残りそうだということが分かっても、その時点でも税金はまだかかりません。
実際に税金がかかるのは、その物件を実際に売却して、実際に利益が出た時。

しかし、国ではいろいろな条件によっていくつかの税金軽減措置もとられています。
まず、3000万円控除という特別控除が適用されます。

これは、不動産売却で得た利益に対して税金が控除されるという特別な控除なのですが、売却で得た利益が3000万円よりも少なかった場合には、税金はゼロ。
3000万円よりも多かった場合には、利益から3000万円を引いた分がもらえることになります。

ただし、この3000万円特別控除が適用されるのは、そのマンションに住まなくなってから3年以内に売却しなければいけないというルールがあります。
ずっと賃貸に出していたような場合には、そこで生活しなくなってから3年以内の枠に入らないことも多く、この控除は適用外になることも少なくありません。

書類

また、マンション売却によって得た利益は次の不動産購入ですべて使うから、最終的に手元に残る利益はない、という場合には、買い替え特例という税金控除が適用されます。
この場合には、不動産売却で買い替えの不動産を購入し、それでも利益が余った場合には利益分に対して税金がかかりますから注意しましょう。
そしてその次は書類を用意しましょう。

次に読むサイト
事前に用意して円滑な売却を!マンション査定に必要な書類

私が所有している土地などの不動産について

私が所有している土地などの不動産について
私が現在所有している土地は、祖父から譲り受けた土地であって、祖父から譲り受けた土地の上に一軒家を立てて生活をしています。
私が若い時から祖父から譲り受けたものなので、私はこれまでに土地を購入した経験が無いです。
これからも祖父が一生懸命に購入して私のために譲渡した不動産を大切にして、私の子供に大切にしてもらいたい事を考えています。
私が譲り受けた不動産に関して、家から数キロ離れている場所に自分名義で所有している不動産があります。
不動産の種類として駐車場であって、親から直接的に私に譲渡したものです。
自宅から数キロ離れている自分名義の駐車場に関して、駐車場の近くには民家が多く点在していて、自分名義の駐車場を借りて契約している住民の方が多くいらっしゃいます。
契約した住民の方は自分名義の駐車場を借りる料金を支払っているので、駐車場からの収入があって生計に非常に助かっています。
不動産は所有するためのものだけではなくて、儲けるものであるという役割がある事を実感しました。

最新のマンションは

マンションは、駅に近いところにありますね。
最新のマンションは耐震性もすぐれていて、住みやすいと思います。

駅から近ければ、学校に通うのも便利だし、コンビニ、スーパーと暮らすのには最適です。
一戸建てより安いと感じる方もいます。

そのときに、注意してもらいたいのが管理費と駐車場料金です。
母は、マンションに住んでいます。

地方ですが、管理費が毎月13000円かかります。
母は車を持っていないのですが、もしも車があると駐車場の料金もいりますね。

夫婦で持っていらっしゃる方は、2倍かかります。
きっと都会では、駐車場の料金だけでも高いと思います。

一台目は無料というところもあるようです。
なので、マンション購入なら、月々の支払金額のほかに、どんな費用が発生するかしらべておきましょう。

また、高齢の方は、車いすになって住めるかどうかも確認しましょうね。
エレベーターも使いやすい、広いかどうかポイントです。

敷地内に医院があるといざというときに便利です。

二世帯住宅の外階段について

私は以前三年ほどの間だけ、介護のために二世帯住宅に暮らしていたことがあります。
その時の二世帯住宅というのは二階建てで外階段になっており、室内には一階と二階を行き来できる階段はついていませんでした。

そのためものすごく不便だった覚えがあります。
私たち家族は二階に住んでいて、介護を必要としていた祖母は一階に暮らしていました。

そして普段は外階段のほうがプライベートを守ることができて良かったのですが、介護のため頻繁に一階と二階を行き来しなければならなかったため、その度に外階段を使うのが本当に億劫でした。
おまけに階段自体には屋根や囲いがついていたわけではなかったので、冬の寒い時期、とくに夜階段を行ったり来たりするのはかなり大変でした。

そうして三年ほどをその家で暮らしたのですが、いくらプライベートが守られるとはいえ、同じ住宅内にはやはり内階段は必要だとその時心底思ったものです。
今思い出してもとにかくその外階段の行き来が大変だったということがまず頭に浮かびます。

金銭面での負担が大きい分譲マンション

金銭面での負担が大きい分譲マンション
マンションについて賃貸と分譲がどちらが得かということはよく議論されます。
もちろん分譲マンションを購入することには多くの利点があるとは思いますが、現在のライフスタイルから考えると、経済面では賃貸マンションに軍配が上がるような気がします。
まず分譲マンションには重い税金が発生します。
固定資産税に加えて立地の良いマンションならば都市計画税もかなりの負担になります。
ローンの返済に加えてこれらも支払わねばならないため、金銭的負担はどうしても重いものになってしまうでしょう。
不動産投資での失敗例の多くを見ても、税金の見積もりが甘かったというケースが散見されます。
さらにここに毎月管理費や修繕費積立金が加わります。
分譲マンションは財産とはいっても共用スペースも存在します。
その部分についてはきちんと費用を負担しなければならず、自由に改装することもままなりません。
このように分譲マンションは金銭面での負担が見かけ以上に大きいというデメリットがあるのです。